【江戸川区】宇喜田公園から庭園も自然動物園もある行船公園へ

公園めぐりデジタルスタンプラリーの一環で、北葛西にある宇喜田公園に行ってきました(去年の3/1)。。

 

宇喜田公園の地図の看板

 

野球場や、ゲートボール場、スポーツ広場とスポーツ系の施設が多く見える。その他、ガーデンロード、ガーデンパーク、草花広場と植生もいろいろあるのかな。

 

ガーデンパークの入り口

ラベンダーかな

 

遊具の近くに梅が咲いていました

梅のアップ

遊び場広場は広々としていました。

宇喜田公園の隣に、江戸川区行船公園があるので、こちらにも寄ることにしました。行船公園は、なんと庭園と動物園がある大規模な公園です。

行船公園に入ると、大きな釣り堀がありました。

釣り池の隣に平成庭園があります

庭園の看板

行船公園は、明治時代の葛西出身の政治家、田中源さんが東京都に寄付した公園用地だそうで、行船というのは田中源さんの屋号とのこと。平成庭園は、平成元年にできたそうです。

竹林を抜けると。。。

大きな主池がありました

カルガモが亀が気持ちよさそうに日向ぼっこしています。

ここは1万200平方メートルある築山池泉回遊式庭園とのこと。

奥に見える建物は、林泉亭。

 

鯉がたくさん泳いでいます

鯉のアップ

カルガモ

亀の甲羅干し

手前にあるのは源心庵

68坪の数奇屋造りの日本建築。月見台が池に張り出している。こんな所で月を見てみたい。

 

大きな岩

せせらぎの様子

せせらぎにヒヨドリがいました

アセビが咲いています

桜とメジロ

かわいい

ヒヨドリと桜

寒いながらも春を感じます。

平成庭園の隣には、江戸川区自然動物園に行きました。入園料無料の動物園です。

 

江戸川区自然動物園の入り口

入り口の左手にフンボルトペンギンがいました

クジャクバト

ふれあいコーナーのヤギ やさしい顔をしている

気持ちよさそうに寝るオタリア

アシカ科だけど、アシカとの違いは、鼻先が太くて短いのがオタリアとのこと。

南アメリカ大陸の沿岸に住んでいて、魚やイカ甲殻類を食べます。

 

オタリアの説明

ブラウンケナガクモザル

ブラウンケナガクモザルの遠景 活発そう

ワタボウシタマリン

めっちゃ かわいい

水生コーナーのアカハライモリ

赤いお腹は、フグと同じ毒を持つ警戒色。再生能力が高く手足を切断しても再生する。脳や心臓も一部であれば再生できる。日本固有種で準絶滅危惧NT。田んぼや小川にいる

 

ニホンイシガメ

昔はゼニガメといえばニホンイシガメでしたが、今はクサガメゼニガメと言われている。甲羅の後ろがギザギザしているのが特徴。ミシシッピアカミミガメクサガメとの生存競争により、どんどん数を減らしていて、東京都では絶滅の恐れがある。

 

どじょう

ホウシャガメ

マダカスガル島南部の乾燥地帯に住んでいる。多肉植物や果実、きのこなどを食べている。甲羅にきれいな放射状の模様があるマダカスガル島にしかいない固有種。密漁密輸が後を絶たない。

マダカスガルは6500万年もの間、他の島や大陸とくっついたことがなかったので、島の中だけで生物が独自の進化をした。

オオアリクイの親子

オオアリクイの看板

中南米に住んでいて、一日に3~5万匹のアリやシロアリを食べる。歯が一本もない。ミミズのような舌は1分間で150回出し入れすることができる。最大で約60cm出すことができるとのこと。

 

オオアリクイは夜、尻尾を布団にして寝るらしい

コウノトリ

中国や朝鮮半島に住んでいる。河川や水田などで魚や虫、カエルなどの小動物を食べる。目の周りと脚は赤色。湿地に面した大木の樹上に巣をつくり、2から6個の卵を産む。

1971年に日本の野生のコウノトリは絶滅したが、動物園などの飼育下で生存した個体からの繁殖に成功して、現在は200羽以上の野生のコウノトリがいるそう。

 

白いシートが二重にかかっているのは、当時鳥インフルエンザが流行っていたので防除シートとして貼られていました。

ショウジョウト

南アメリカの海岸や川岸のマングローブ林に生息し、カエルや魚、甲殻類などの小動物を食べます。幼鳥は灰黒色で、成鳥は鮮やかな緋色。コロニーと呼ばれる集団営巣地を作って数万羽以上集まって繁殖する。羽毛の緋色は餌に含まれるカロテンのせい。

オウギバト

全長58から74cmで鳩の仲間では世界最大種となり。最も美しい鳩ともいわれる。ペアもしくは小規模な群れを作る。1回に1個の卵を産む。雌雄ともに卵を抱き、ヒナの世話も雌雄で行う。目は赤く、頭部には扇状に白く縁取られた冠羽があります。

 

ワライカセミ

鳴き声が人の笑い声に似ていることからこの名前がつきました。寿命は15から20年で、つがいは生涯をともにする。オーストラリアでは蛇を殺す習性があるので、益鳥と呼ばれている。

 

ニホンリス

野生では木の実や果実、きのこ、昆虫類などを食べる。背中は赤褐色、冬は灰褐色。日本独自のリス。尾の長さは17cmほど。日本のみに生息しているリス。大きな尾は、リス同士のコミュニケーションや木から木へ移動するためのバランスの役目がある。

 

ベネットワラビー

オーストラリアの南東部やタスマニア島にすんでいる。木の葉、木の皮、草などを食べる。後ろ足の筋肉は大きく発達しバランスを取りながらジャンプして移動する。

小型のカンガルーのワラビー。赤ちゃんはわずか1g。ふつうは森林の中で単独で行動し、昼間はひっそりと休み、夕方から採食し始める。

 

ベネットワラビーの群れ

このワラビーは1988年にオーストラリアのゴスフォード市と江戸川区姉妹都市になった翌年にゴスフォード市からオスとメス3頭ずつ寄贈された。1989年から江戸川区自然動物園は、オーストラリア政府認定動物園になった。

 

ジェフロイクモザル

ジェフロイクモザルの群れ

中南米のメキシコからパナマに生息、木の葉や果物、昆虫を食べる。手足が長く尾は第5の手とよばれ、物を掴んだり枝に巻き付けたりできる。昼行性で20頭の群れを作るが、ふだんは2から8頭ずつ分かれて移動する。

 

江戸川金魚の展示の看板

金魚三大産地の看板

愛知県の弥富市奈良県大和郡山市、東京都江戸川区が金魚の三大産地とのこと。

金魚は、大きく和金、琉金和蘭獅子頭型、蘭鋳型の4つに分かられる。和金型は金魚の原型のフナに近い形をしている。

 

アメリカから来たコメット

和金型の金魚は体が薄く、細長くフナに近い形。和金は和の文字が入るけれど中国で生まれた品種。コメットは和金型をしているけれど琉金がルーツ。和金のようなほっそりとした体に長い吹き流しの尾を持ち、動きが速く、「泳ぐ姿が彗星(コメット)のようだ」ということでこの名前が付けられた。

 

琉金

琉金型の金魚の体は、短く丸く高さがある。ヒレは長い。頭の後ろが盛り上がっている。中国から琉球をへて日本に来たから琉金と呼ばれる。

 

丹頂(タンチョウ)

和蘭獅子頭型の金魚は、大きく盛り上がった頭と長く美しいひれを持つ。琉金が変異した琉金獅子頭がルーツと言われる。蘭とあるがオランダ生まれではない。

 

蘭鋳(ランチュウ

蘭鋳型の金魚は背びれがない。肉瘤という頭部のコブが発達している。上から見た姿が美しいらしい。金魚の王様とも呼ばれ多くの愛好家がいる。

 

庭園から動物園までとても満足した公園でした。

 

 

【江東区】美術館から植物園まで緑あふれる木場公園

都立公園デジタルスタンプラリーの一環で、木場公園に行ってきました。

木場公園のマップ

入り口に特徴的な建物があるなと思ったら東京都現代美術館でした。

東京都現代美術館

木場公園は、美術館に隣接しています。

MOTの看板 Museum Contemporary art of Tokyoの略?

美術館のオブジェ

美術館の横の小路の花飾り

ブーケのアップ

アベリアが咲いています

水のないじゃぶじゃぶ池の前の四阿

じゃぶじゃぶ池の先にはイベント広場がありました

イベント広場 植生が豊かに見える

イベント広場には売店があります。

木場公園大橋を通って、公園の南エリアの噴水広場

ふれあい広場は芝生が広がっています

芝生の横にレストラン・カフェもあります

さらに進むと植物園がありました。

都市緑化植物園の看板

たくさんの樹木が生えています

耐潮性植物の看板

日本は、潮風に強いのはエノキ、中国ではエンジュやキンモクセイが生えているそう。ただもともと潮に強い性質があるだけなので、海沿いに自生しているわけではなく、内陸にも生えているそう。

ピラカンサ(トキワサンザシ)が生えていました

ヒイラギ

よく家を囲っているキャラボク

よく整理された花壇

屋上緑化をすすめる看板

屋上緑化に使われる人口の土は、普通の土の3分の1の重さだから、建物への負担が軽くなるらしい。


奥に噴水が見えてきました

噴水 まわりのベンチで休んでいる人もいました

古き良き日本庭園の竹の柵

枯山水と敷石

ハーブガーデンがありました アメジストセージ

ローズマリー

ホトトギス

ホトトギスのアップ

シコンノボタン

フラワーカレンダーがありました

キバナコスモス

キバナコスモスとアオスジアゲハ

木場ミドリアムという屋内植物園がありました

たくさんの植物が見れて充実した公園でした。
何度行っても楽しめそう。

 

東西線 木場駅すぐ

 

<おまけ>

木場公園から東に数キロ走って、荒川にかかる葛西橋までコキアを見に来ました。

葛西橋

荒川右岸のコキア

葛西橋から荒川右岸のサイクリングロードに降りて、少し南下するとコキアの群生がありました。

秋に紅葉するコキアは、箒の材料になるので箒木とも呼ばれ、果実はとんぶりとして食べられます。花言葉夫婦円満

 

【足立区】足立区を横断して東綾瀬公園と中川公園に行きました

都立公園デジタルスタンプラリーの一環で、足立区を横断して東綾瀬公園と中川公園に行ってきました。※写真は11月

 

まずは、東綾瀬公園の近くにある「しんのすけベーグル」でおいしそうなベーグルを買いました。

 

しんのすけベーグルの壁

お店は小さいけど、おしゃれで雰囲気があり、たくさんのベーグルが並んでいました。

 

東綾瀬公園の地図

公園は、東京武道館の周りを半円形に囲む形です。しんのすけベーグルは東京武道館の近くにありました。

 

 

西側から時計回りに、せせらぎに沿って進んでいきます。

半円の頂点を過ぎたあたりに、三枚田橋というめずらしい円形の橋がありました。

 

三枚田橋

三枚田橋の近くに、すいすいらんど というガラス張りの区民プールがあります。

すいすいらんど

お腹が空いたので、すいすいらんどの近くの原っぱでチェアリングしました。

 

 

しんのすけベーグルと自販機で買ったクラフトコーラ

しんのすけベーグルのアップルシナモンベーグル

生地は薄いのにもちもちしてて、具がたっぷり!自分の中で一位のベーグル屋さんになった。

 

たくさんのスパイスが入っているコーラ

お腹も満たされたので、さらに東に進んで中川の手前にある、中川公園に行きました。

中川公園は2つに別れていて、北側のA地区、南東側のB地区があります。

 

まずはA地区から

中川公園A地区の地図

まるでダンジョンのような地図。地図の□はライトの場所。

 

手入れされた庭木と遊歩道

ここは水再生センターの屋上で、一般道路より高い場所にあるので、秘密の空間っぽさがあります。

 

数カ所、絵本とコラボした看板が立っていました。

屋上なのに、広い原っぱもあります。

続いて、南東のB地区に行きました。

 

B地区は、日差したっぷりの芝生でした。

ここでもチェアリングでコーヒー休憩をして帰りました。

 

しんのすけベーグル

月火定休 10時から17時

 

中川公園

【山梨県】甲府駅北口の甲州夢小路を散策

※7月29日の記事です。

 

甲府駅の南口の舞鶴城公園を散策した後、北口の甲州夢小路に行きました。

 

移築した古民家や蔵、倉庫など、昔の建築様式を取り入れた店舗が立ち並ぶ、レトロな雰囲気のショッピングエリア。明治、大正、昭和初期の甲府城下町を再現しているそうです。

 

すぐに時の鐘という時計台が見えてきました。

時の鐘

案内板にはこんなことが書いてありました。

昔は、鐘の音で時間を知らせていた。仏教の梵鐘は明け6つ(朝6時)、昼9つ(正午)、暮れ6つ(午後6時)に衝いた。

 

江戸時代は、1日を12個に分け、十二支を当てはめ、卯の刻(朝6時)、丑の刻(正午)、酉の刻(午後6時)、子の刻(0時)と呼んだ。

 

そして昼夜を問わず2時間おきに1日12回鐘を衝いて時間を知らせた。この鐘は1661年から近くの歓喜院で建てられ、火災で消失するも再建され明治5年まで使われた。今の鐘は平成25年に新造された。

 

時の鐘の由来

夢小路を歩くと、いろいろなお土産屋さんがあります。

 

趣のある宝石屋さんで

テクタイトという隕石をお土産に買いました

ワイン屋さんでは

クラムボンという甘口のロゼを買いました。

夢小路の手前に、甲府市歴史公園があったので寄ってみました。

 

甲府市歴史公園

山手門

甲州城下の城下町の様子が少し伺えました。

 

時間が余ってしまったので、予約していた「あずさ」ではなく、時間の早い便に座席があるか緑の窓口で調べてもらって、空席のあった「かいじ」で帰りました。

 

なんとも親しみのある武田信玄のイラストの駅弁 ワインのめし

ワインに合うということで甲州白ワインの缶ワインとともに

ワインのめし 贅沢な気持ちで帰路につきました。

缶ワインも美味しかった!

 

【山梨県】甲府駅前を散策 舞鶴城公園 山梨ジュエリーミュージアム

※7月29日の記事です。

 

午前中に、小淵沢の大滝湧水公園を散策した後、中央本線小淵沢駅から甲府駅まで行きました。

電車では、小淵沢駅で買った駅弁「牧場の牛めし」を頂きます。

 

牧場の牛めし

煮込んだ牛肉とこんにゃく、シイタケ、たけのこ

味がしみて美味しかったです。

 

甲府駅に着いたものの、気温が37度。山梨県は涼しいという先入観があったのに、ただの先入観だった。甲府は暑い!

この暑さの中、遠くまで歩くのは危険だろうと、当初行く予定だった武田神社をあきらめて、駅前を散策することにしました。

 

地図を見てみると、駅のすぐ横にお城があって、山梨県庁の隣に博物館があるようなので、まずは博物館に向かうことにしました。

 

駅前のヨドバシカメラの隣にある舞鶴

立派な石垣

城の隣には茶色いレンガ造りの山梨県

山梨ジュエリーミュージアム 入口

山状水晶晶族 産地 北杜市増富

勾玉 管玉 きれい

けつ状耳飾り 大きい

江戸時代の水晶玉

明治時代後期の髪飾り

山梨県では鉱物がよく取れるのかな。

博物館で、涼んだので今度は甲府城舞鶴城)を経由して駅に戻ります。

 

甲府城の看板

舞鶴城公園の案内図

甲府城は、1582年の武田家の滅亡後、豊臣秀吉の政権下に建築が始まり1600年頃に浅野長政により完成した城。

江戸時代は、徳川家が城主になる。1704年以降は柳沢吉保が城主になり城下町が発展し、柳沢が奈良へ移封された後は、また幕府の直轄地となった。明治以降は廃城され、葡萄酒醸造所が設置されたり、中央線の敷設により解体されたりと、本来の姿が変わっていった。大正6年には保存の動きが出て、昭和39年に舞鶴城公園になった。

 

門をくぐると遠くに高い碑が見えます

つづら折りの坂を登ると

鉄門という立派な門がありました。

鉄門から見える天守

せっかくなので天守台に登ってみます。

天守台から見た鉄門と謝恩塔

真ん中にそびえる謝恩塔は、明治40年の水害の際に、明治天皇から5000円を下賜されたことの感謝を水害の教訓を後世に伝えるための謝恩塔とのこと。

 

天守台から西をのぞむ

3000m級の白根三山や南アルプス市甲斐市などが見れる。甲斐駒ヶ岳鳳凰山、白根三山、赤石岳日本百名山が5つも見える。雲がたくさん出ていたので、遠くの山はあまり見れず、謝恩塔にばかり目にいってしまった。

 

天守台から南側の眺め

富士山や、身延山、甲斐金山遺跡、リニア新幹線ルートが見れる。

南側の眺め

やはり、雲が多くて富士山は見れず。。

 

天守台の東側の眺め

東側は、大菩薩峠甲斐善光寺、県立科学館が見えるとのこと。

県立科学館の銀色のドームが左上に見えました。

案内板と角度が違うなぁと思ったら、案内板の右上に、現在位置から上空85m上からのイメージ図との注釈が。。昔の天守閣からはイメージ図のような山々が見れたのかな。

 

天守台 北側からの眺め

左下には甲府駅、真ん中に山梨大学武田神社日本百名山も4つみえるそう。

北側の眺め 左側に線路が見えます。

明治天皇の登って臨んだという碑かな 昔ここに登ったそう

甲府城の案内図

甲府城舞鶴城公園)をぐるっと回って、後にしました。

駅の南側を散策したので、少し休憩してから北側を散策します。

 

【山梨県】小淵沢の大滝湧水公園に行ってきました。

※7月29日の記事です。

 

昨日は清里高原に行ったので、今日の午前中は宿の近くの小淵沢駅に近い、大滝湧水公園の釣り堀に行くことにしました。

 

朝の8時にペンションを後にします。

タクシーで向かうと運転手さんが不穏そうに、釣り堀ですか。。お電話かけてみましたか?との声が。。まさか、清里のアクアガーデンに続いて、釣り堀も閉店なのか。。

不安になったものの、釣り堀やっていなくても公園を散策するんでと、向かっていただきました。

 

大滝湧水公園 入口

美しい田園風景

まるで映画のワンシーンのような

正面にある大滝神社は、古墳時代3世紀後半に崇神天皇が巡視の折に湧水をたたえて、壇を設けて祭祀を行ったのが始まりとのこと。

 

釣り堀の受付。。

やっぱりね。。。休業でしたか。

大滝神社の隣にある有名な湧水

1日に2万2千トンを湧出する水源だとか

湧水は水田の灌漑やニジマスの養殖にも利用されていたとか

トンネルをくぐると

一面の田園風景

昆虫観察をしながら、帰りのタクシーを20分ほど待ちました。

ウラギンシジミ 羽の裏側が銀色

アオモンイトトンボ 細い!

手乗りアオモンイトトンボ 小さい

ヘビトンボ

水源が豊かなのか、トンボがいっぱい飛んでいました。

 

<参考>

rekishinomichi-yamanashi.jp